猫と暮らす底辺フリーターが興味を持ったようです。 > ホンマでっか!?TVの心理学タイプ分け診断が面白い!カームタイプとは?


2015年10月14日

ホンマでっか!?TVの心理学タイプ分け診断が面白い!カームタイプとは?

『ホンマでっか!?TV』で以前TEAM NACSのメンバーを
集団心理学で5つのタイプに分けたのが話題となりましたが
今回は『ホンマでっか!?TV』の出演者のタイプ分け診断が行われました!
人間はすべてこの5つのタイプに分けることができるそうで、
この5つのタイプに優劣はなく、アメリカの企業や学校ではすべてのタイプが揃うように
面接やクラス分けを行うところもあるんだとか。




カームタイプ「一部に熱狂的なファンがいるカリスマ的な哲学者」
特徴として「自分の中に哲学がある」「決めつけが激しい」
「頑固な所がある」「なかなか動きださない」という項目が挙げられました。

カームタイプに当てはまるのは『ホンマでっか!?TV』出演者では
生物学評論家の池田清彦先生、ブラックマヨネーズの吉田敬さん、マツコ・デラックスさん。

マツコ・デラックスさんがカームタイプだとわかるエピソードとして
「ゴミの分別が完璧でペットボトルのフタもちゃんと分ける」というマネージャーさんの証言や
「整形した人にすぐに気が付く」という磯野貴理子さんの証言が紹介されました。
植木理恵先生によると「整形は許さないという安定したセオリー」だそう。

ブラマヨ小杉竜一さんが挙げた「食事のとき冷静さを失う」というマツコ・デラックスさんの短所は
「好き嫌いで態度が変わる哲学がある」という心理の表れだそうです。

ブラマヨ吉田敬さんの奥様によれば、吉田敬さんは「弱い者いじめはしない」そう。
これは植木理恵先生の分析によると「上下関係を大事にしている」ということだそうで、
吉田敬さんは7年間、池田清彦先生にあいさつしても無視されていますが
それでも一貫してあいさつを続けているということからも見てとれるそうです。

池田清彦先生は「面倒くさい」が口癖ですが、それを心理学の観点から分析すると
「頑張らない生き方という自分の哲学」の表れとなるそうです。
池田清彦先生は頑張らない生き方について講演も行っているくらいなので、
これはもう徹底した人生観ともいえるそう。

そんな自分の哲学を持っているカームタイプは頑固な部分があり、
自分が納得しないと動き出さないという傾向があるそうです。
カームタイプは自分の中の哲学が大事なので、周囲からの意見を好みません。

吉田敬さんは「みんながタバコやめてるからおまえもやめろというのは絶対嫌」と例を挙げ、
マツコ・デラックスさんもこれに同調していました。
自分が納得できればすぐに行動するそうですが、「みんながそうだから」というのは納得できないとのこと。

このような特徴を持つカームタイプは、組織においては方向性がブレることなく物事を進めることができるそう。
確かに、みんながいろいろな意見を出すうちに方向性がブレてしまうことってありますよね。
そんな時にカームタイプがいてくれると最初の目的を見失うことがなさそうです。

関連記事
集団心理学におけるTEAM NACS=SMAP・嵐!?ブラックリストタイプとは?
心理学性格診断によるディレクタータイプとは?【ホンマでっか!?TV】
心理学で5タイプに分類!エキセントリックタイプとは?【ホンマでっか!?TV】
ホンマでっか!?TV出演者にただ1人!ブラックリストタイプとは?
大いなる凡人!?アベレージタイプとは?【ホンマでっか!?TV】
明石家さんまは○○タイプ!?ホンマでっか性格診断の驚きの結果とは?
信長協奏曲出演者と戦国武将を心理学でタイプ分け!診断結果まとめ!



posted by メイ at 23:37 | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。